ホーム > 名古屋を知る

白酒业

名古屋市は日本の真ん中、愛知県西部に位置し、1610年に徳川家康が清須から町ごとすべてをこの地に移した「清須越し」により町の歴史がスタートしました。
尾張徳川家のもとでものづくりが盛んとなり、「日本のものづくりの中心」として近代に至り、工業都市としての礎が築かれました。
また、最近では特長ある郷土料理が「なごやめし」として脚光を浴びています。
東西の都に挟まれ、独特の進化を遂げた「なごやめし」を食べることが、今では名古屋を訪れる人の一番の楽しみになっていたりします。
さあ、名古屋の旅をお楽しみください!

Page Top